シルバーリング

シルバーリングを作ってみよう!(その2)

HOME>シルバーリングを作ってみよう!(その2)

スポンサードリンク


『シルバーリングを作ってみよう!』の続きからです

シルバーリングを作ってみよう!(その2)では、【乾燥】→【整形】→【焼成】→【完成】までの手順を紹介していきますね!
シルバーリング完成までもう一息ですよ!頑張って行きましょう。

それでは、続きを紹介していきますね。

制作工程 その2

8、乾燥させます。

気になる所がないようなら、リングを乾燥させましょう。

乾燥させる時はたいていドライヤーを使って乾燥させます。温風を30分くらいあてて乾燥させました。
自然乾燥だと1日位かかります。

9、乾燥させた粘土を整形します。

はい、乾燥させました。
本格的に乾燥させると粘土の状態に戻すのは困難ですので、乾燥させる前に気になる所はしっかり治しておきましょうね。

次に乾燥したリングから付箋紙を外し、ヤスリを使って全体を整えて行きます。
初めは荒いヤスリでおおまかに整え、その後はスポンジやすりなどを使って整えていきましょう。

きれいに整形するのには結構時間がかかりますが、ここできれいにしておかないと焼きあがりに影響がでてしまうので、
しっかりきれいにした方がいいです。この時は3時間くらい削っていたと思います。疲れましたが、キレイになって行く過程を楽しく感じましたよ。


乾燥したリングです

スポンジやすりで整形しています
10、リングに彫り模様を入れます。

今回作成したシルバーリングには模様を入れました。
まず、整形したリングに鉛筆で下書きをし、そしてその下書きをなぞるように、彫る為の工具やカッター等で彫って行きます。
今回は、十字の線を指輪に彫りました。結構キレイに彫れていると思います。

ニードルで削っています

十字の線が彫れました
11、焼成します。

はい、ついに焼成です。もう未練はありませんか?
焼いてしまうと銀になるので、修正は大変困難になります。気になる所は粘土のうちになおしてしまいましょうね。

今回、指輪を焼く為に使った物は、シルバーポットと言う物で、固形燃料を使って作品を焼きます。
シルバーポットは、燃料が燃え尽きたら焼成終了という、とても手軽な焼成道具なんですよ。

画像の様にリングを網の真ん中にのせ、上にふたをかぶせます。マッチやライター等で固形燃料に火をつけたら、後は焼き上がりを待つだけです。

網の真ん中に乗せます

ふたをのせたシルバーポット
12、焼き上がった作品を仕上げます。

火が燃え尽きたら焼成完了です!すぐにでも見たい所ですが、焼き終わった直後はとっても熱く、火傷してしまうので少し時間をおきましょう。
そして冷めた頃にポットからだします。焼きあがったリングは真っ白になっていて、え?ホントに銀?みたいな感じなんです。
しかし、これをステンレスブラシで磨いてみると・・・銀になってるんです!!

そして、全体をステンレスブラシで磨いた後、鏡面仕上げというピカピカな仕上げにしたいので、磨きヘラという金属の棒で
シルバーリングの全体を力を入れてこすっていきます。すると、不思議な事にピカピカになっていきます。

焼き上がったリング

ステンレスブラシと磨きヘラ
13、完成!!

全体を磨きヘラで気の済むまで磨いたら、オリジナルリングの完成です!
こうして作業していく事によって、オリジナルのシルバーリングが作れるんです。

自分のオリジナルシルバーリングが少しずつできていく様子はとても楽しく、作業に没頭してしまいますよ。



簡単にシルバーリングの製作工程を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
銀粘土を使うとこのようにして、シルバーリングを作る事ができるんです。
作業はそこまで難しい物ではないので、是非チャレンジしてみて下さいね。


スポンサードリンク


Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス