ビーズネックレス

ビーズネックレスを作ってみよう!

HOME>ビーズネックレスを作ってみよう!

スポンサードリンク


ビーズネックレスをつくってみましょう!

ビーズでネックレスを作ってみました。
今回ビーズネックレスを制作した方法は、紐にビーズを通す、という簡単な方法です。
ビーズネックレス作りの全体の流れとしては次のような感じでした。

材料購入→組み合わせのイメージを決める→実際に針金に通してみる→イメージ通りなら
紐にとおしていく、イメージに合わなければやり直す→紐に全部通し終えたらサイズ調節用の
ビーズを付ける→それが取れないように玉止めする→紐の両端に飾りを付ける→完成。

では、実際にビーズネックレスを制作した作業工程を紹介していきますね。

ビーズネックレス作りの制作工程

材料

まず今回用意した材料を紹介します。
下の画像の通りで、紐とボーン、マクラメ、メタルにシルバーのビーズです。ネックレスに通すペンダントヘッドは市販品を使用しました。

1、針金にビーズを通してみます。

自分の中でどのような配置でビーズを通していくのかイメージが決まっていたので、そのイメージに沿って針金に順番にビーズを通して行きました。
全部通し終えると下の画像のようになりました。
2、紐の先端をカットします。

紐に通しやすいように紐の先端をハサミでカットします。写真のように先端が鋭利になるように、斜めにカットします。
3、紐にビーズを通していきます。

まず、針金から半分だけビーズを外します。
そして針金に残った仕上がりのイメージの半分を参考にしながら、針金から外した物を紐に通していきます。
半分通し終わると、右下の画像のようになりました。早くもビーズネックレスの半分ができました。
紐に半分通し終わったら針金に残っていた物も全て外してしまい、そして紐に通した半分を見ながら残りも全て紐に通していきます。

半分外しました

半分紐に通したところです
4、サイズ調節用のビーズを通します。

全て通し終わったので、サイズ調節用のビーズを両方の紐に通します。
このビーズで首の後ろの紐の長さを調節します。紐をねじりながら通していきました。

ビーズを通し終わりました
サイズ調節用のビーズを付けた所です
5、ビーズが取れないように玉止めをします。

頭を通るくらいの長さをとったら、さっきつけたビーズが取れないように固結びで玉止めをします。
両紐とも玉止めをしたらOKです。これでサイズ調節用のビーズが外れなくなりました。
6、紐の両端に飾りをつけます。

紐の最後の両端に飾りとして、ビーズを付けました。
通したら、玉止めをします。玉止めがしっかりできたら、ビーズネックレスの完成です!!
7、完成!!

このようなビーズネックレスが完成しました!材料費も安く、時間も1時間ちょっと位で作れて本当に簡単に作れました。
かなりお手軽で、初心者の僕にもとてもとっつきやすかったです。

ビーズアクセサリーと聞くと女性向けな感じがしていましたが、シルバーやメタル、ボーン等のビーズを使うとこのようなかっこいい感じの
ビーズネックレスも作れちゃうんですね。


ビーズネックレス作りは、ビーズ選びと組み合わせが済んでしまえば、後は紐に通していくだけでした。
しかし、ビーズの組み合わせは決まった形という物はないので、オリジナリティーを追求できますね。
とても楽しくビーズネックレス作りをすることが出来ましたよ。よろしかったら是非チャレンジしてみてくださいね。


スポンサードリンク


Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス