シルバーペンダント

シルバーペンダントを作ってみよう!

HOME>シルバーペンダントを作ってみよう!

スポンサードリンク


シルバーペンダントを作ってみましょう!

シルバーペンダントを銀粘土で作ってみました。
それを実際に作っていった手順によって紹介していきたいと思います。

シルバーリングの所でも説明しましたが、銀粘土を使ったアクセサリ作りの作業工程は、
【造形】→【乾燥】→【整形】→【焼成】→【仕上げ】→【完成】となっています。

今回作成したシルバーペンダントは、クロスモチーフのシンプルな物にしてみました。
それでは、シルバーペンダントを製作していった作業手順を紹介しますね。

シルバーペンダント作りの制作工程

1、銀粘土の袋を開けて、粘土を出します。

今回使用したのは、アートクレイシルバーという銀粘土です。

銀粘土を販売している企業によってPMCとアートクレイシルバーに分かれています。
見た目的には特に違いはないですね。触り心地や硬さ等に若干の違いがあるような気はしますが、
特に気になるほどでもないので、個人的にはどちらの粘土でも大丈夫です。

勿論どちらの粘土でもシルバーペンダントは同じように作れますよ。

2、銀粘土をこねて、丸くします。

銀粘土を2重にしたラップにくるみ、中に空気が入らないようにしつつこねていきます。
そして、そのこねた粘土を手のひらなどでくるくるっと丸めます。


袋から出した四角い状態の銀粘土

丸くなりましたー
3、丸めた粘土を平らに伸ばします。

丸めた粘土をつぶして、伸ばしやすいような形にします。
そして、粘土の両脇にプラゲージという一定の厚みを持った板を置き、その上からローラーを転がして、粘土を伸ばします。
ローラーで粘土を伸ばす際には、ローラーの下にクッキングペーパー等を挟むとローラーに粘土がつかなくて、やりやすくなりますよ。

伸ばしやすい形にした粘土

ローラーを転がします
4、伸ばした粘土をカットします。

伸ばした粘土に、あらかじめ用意しておいた作りたいペンダントの形の型紙をのせ、その型紙に合わせてカッター等で、粘土をカットしていきます。

ここで一つ注意するのは、粘土は焼くと縮み、できあがりのシルバーペンダントは粘土の状態よりも小さくなるので、
完成予定のシルバーペンダントよりも、型紙は少し大きめの物を用意しておきましょう。

今回はシルバーペンダントのデザインの都合上、大、小2個のクロスが必要なので、下の画像と同じようにして、小さいクロスもカットします。

伸ばした粘土に型紙をのせる

型紙通りにカットした粘土
5、ペンダントを乾燥させます。

カットしたクロスの形の粘土を2個とも乾燥させます。

ドライヤーの温風を30分!と行きたい所なのですが、こういう平らな物をドライヤーで乾燥させると、微妙にそってしまって
乾燥した時にキレイに平らにならなくなってしまうので注意が必要なんです。
(粘土の状態でキレイにならないと、完成したシルバーペンダントにひびいてしまいますので、注意です。)

平らな物の乾燥方法は、平らな板やそれに変わるものに粘土を挟み、自然乾燥、という方法で乾燥させます。
僕は、CDケースの上にキッチンペーパーをセロテープに貼り付けた物を2個用意し、カットした粘土を挟みました。
重しとして、ビデオテープと水入りペットボトルをのせています。このまま1日くらい放置します。
6、乾燥したクロスの形を整えます。

乾燥状態のクロスをやすりで削って形を整えていきます。

まずは荒めの紙やすりを使って表面を平らにしました。
削りすぎると薄くなりすぎてしまうので注意しましょうね。

表面をキレイに整えたら、次は普通の棒ヤスリを使って全体を整え、その後スポンジヤスリでキレイにします。

調子にのっていると、注意を怠ってしまいます。すると、右下の画像のようになります・・・えぇ折れました(汗)
まぁ、折れてしまったものはしょうがないですし、気を落とす事はないのです。しっかり修正すればいーんですから。

スポンジやすりで削ってます

折れちゃいました
7、大小のクロスを貼り合わせます。

キレイに形を整えた大きいクロスに小さいクロス(折れてしまいましたが)を重ねつけます。

貼るときは、貼る部分に少し水をつけて貼り易くし、そしてペーストを塗り、重ね、貼り付けます。
ペーストと水がノリの役目になり、貼りつけられます。

折れた部分もしっかりつけます。そして、その部分にはペーストを多めに盛り、修正します。
盛ると少し盛り上がってしまいますが、その辺りは後で削って整えます。

8、模様を彫ります。

シルバーペンダントに模様をつけるので彫りをしました。

まず彫り模様(今回は線)の下書きを鉛筆で、ペンダントの彫りたい場所に書いて行きます。
次に、その線になぞる様にして、先の尖っているもの等を使って彫って行きます。
僕が使用しているのは、ニードルという彫る為の工具ですが、カッターの先や磨きヘラの先端で削っても大丈夫です。
自分の彫りやすい道工具で作業するのが一番ですよ。

彫り終わった後は、彫った所と、折れて修正した所を滑らかにする為スポンジヤスリで削って整えます。

ニードルで彫っています

線が彫り終わりました

これで、一応のシルバーペンダントの形はできましたので、次はペンダントのチェーンをつける所を作ります。

シルバーペンダントを作ってみよう!その2へ


スポンサードリンク

Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス