手作りアクセサリー 販売

手作りアクセサリーを販売する方法って?

 

手作りでアクセサリー作りをしている方の中には
「自分の手作りアクセサリーを販売したい!」と
思っている方もおられるのではないでしょうか?

 

そういった方の参考になればと思い、自分の
手作りアクセサリーの作品を販売するための
方法をいくつか書いていこうと思います。

 

 

 

○ その1、自分のホームページで販売する

 

 

自分の手作りアクセサリーを売る方法として、
まず最初に紹介するのは、ホームページを作成し、
その自分のホームページで通信販売をする
という方法です。

 

「自分のネットショップを作る」ということですね。

 

必要なのは、サーバー、ドメイン、自分のホームページ、
ショッピングカート等です。

 

最初からネットショップを作るというのもいいですが、
初めは自分の作品を紹介するホームページから
スタートして、自分の作品にファンができたり、
作品数が増えたら販売をスタートする、という方法も
ありだと思います。

 

 

 

○ その2、オークションで販売をする

 

2つ目の方法は、オークションを利用して
自分の手作りアクセサリーを販売する
という方法です。

 

ヤフーオークションなどのインターネットで
利用できるオークションに自分の商品を
出品してみるということですね。

 

 

オークションで販売をする場合は、
オークション利用料が必要になります。

 

ヤフーオークションだと、プレミアム会員になることで
オークションの出品ができるようになるのですが、
プレミアム会員費は、月額346円(税込)です。

 

 

スマートフォンで利用できるオークションアプリ
などを利用するのもいいと思います。

 

 

 

○ その3、展示会やアートイベント等に出店して販売する

 

3つ目の方法は、展示会やアートイベント等に
出店して手作りアクセサリーを販売する
という方法です。

 

 

私も銀粘土の先生に誘われて参加した
喫茶店で行われた展示会で、
自分の作品の販売をしたことがあります。

 

自分の作品を気に入っていただけて
購入してもらえるのは本当にとても
嬉しいことでした。

 

 

アートイベント等というのは、デザインフェスタ
などのイベントのことです。

 

そういったイベントに出店することで、
販売を行うという方法もあります。

 

 

 

○ その4、レンタルボックスで販売する

 

4つ目の方法は、レンタルボックスを利用して
自分の手作りアクセサリーを
販売するという方法です。

 

レンタルボックスとは、「売り場となるショーケースを
個人に貸し出して、各人の作品などを売らせる
業態の店舗」でレンタルショーケースとも呼ばれます。

 

実店舗のスペースを借りて、委託販売を
してもらうという感じですね。

 

 

レンタルボックスは利用するための費用は
貸し出しているお店によって違いますが、
だいたい1か月でいくらという感じでした。

 

 

また、Webのレンタルボックスという
サービスもありました。

 

私がみつけたのは、minneというサイトです。

 

 

minneは、自分の作品が売れた際に販売手数料として、
10.5%(税込)の手数料が発生しますが、
利用するための月額料は0円でした。

 

 

以上、自分の手作りアクセサリーを販売する方法を
4つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

Webのレンタルボックスがあるという事を自分も
最近知ったのですが、手軽に自分の作品が
販売できそうだったので、なかなか良さそうですね。

 

すでにたくさんの作品が登録されていたので、
どんな作品があるのかとか、手作りの作品が
どれくらいの値段で売られているのかなどを
調べるのにもいいなぁと思いました。

 

 

minneをチェックしてみたい方はこちらです