シルバーリング

シルバーリングを作ってみよう!

HOME>シルバーリングを作ってみよう!

スポンサードリンク


シルバーリングを作ってみましょう!

シルバークレイ(銀粘土)で作る、簡単なシルバーリングの作り方を、実際に製作していった
手順によって説明していきますね。

銀粘土でアクセサリを作ると収縮してしまうので、シルバーリングを作る際には
注意が必要になります。

今回作成したシルバーリングはだいたい3号くらい縮むと考えて、目的のサイズよりも
3号大きめのサイズで作りました。

銀粘土での作業工程を大まかに説明すると、【造形】→【乾燥】→【整形】→【焼成】→
【仕上げ】→【完成】 といった流れになっています。

それでは、実際にシルバーリングを作っていく過程を紹介します。

シルバーリング作りの制作工程

1、シルバーリングを付けたい指のサイズを測ります。

ここで使用しているのは、指輪サイズゲージという紙でできたサイズゲージです。

丸い穴がたくさんあり、その穴の一つ一つに指輪のサイズが書いてあるので、右の画像のように
シルバーリングをつけたい指を実際に入れて、何号なのか調べます。

2、付箋紙(ポストイット)を木心棒に巻きつけます。

シルバーリングを着ける指の号数を調べ終わったら、それよりも3号大きいサイズの穴に木心棒という
木でできた棒を入れ、鉛筆などでしるしを付けておきます。

そのしるしを付けたところに付箋紙を巻きつけて、ずれないようにセロテープで固定しましょう。
それができたら、シルバーリング作成の準備は完了です。

3、銀粘土の袋をあけて、粘土を出します。

今回使用した銀粘土はPMC3というものです。この袋の中に銀粘土が入っていますので、封を切って袋を開けます。
そうすると、中にはセロファンに包まれた銀粘土が入っていますので、そのセロファンごと銀粘土を取り出し、セロファンから銀粘土を取り出します。

はがしたセロファンに粘土が付着している事があるので、セロファンからこそぎ取って、取り出した粘土の上に、足しておきましょう。


これがPMC3の外観です

セロファンから取り出した銀粘土です
4、銀粘土をこねて、丸くします。

銀粘土をこねる際には手につかない様に、2重にしたサランラップを使用して、その中でこねましょう。

中に空気が入ると焼いた時に、内部破裂を起こしひび割れ等を起こしてしまう原因となるので、
中の空気を押し出すようにして、こねていきます。

こねた粘土を手のひらでくるくると丸くしていきます。
右の画像のように丸くなればオッケーです。

5、丸くした粘土をひも状に伸ばします。

粘土を木芯棒に巻きつける為、4で丸くした粘土をひも状に伸ばします。
まず、丸い粘土を軽く俵型にして、伸ばしやすい形にします。そして、それを上からアクリルケース等を使って伸ばして行きます。
ぐりぐりっと、長さと幅のバランスを見つつ伸ばして行きます。

作業をしているうちに、乾燥してきてしまう事もありますが、そういった場合には表面に少し水をつけてあげましょうね。

押し付けながら転がします

ひも状になった粘土です
6、ひも状に伸ばした粘土を木心棒に巻きつけます。

伸ばした粘土を木芯棒に巻くために、伸ばした粘土に軽く水をつけ、付箋紙に張り付きやすくします。

水を塗りながら、軽く粘土を付箋紙に押し付けるようにして巻きます。
ぐるっと巻いて余った所は、合わせ目の辺りで、カッターなどを使って切ります。
その切り口をの合せ目を、指を水で濡らしてなじませて行きましょう。

7、全体をちょこっとキレイにします。

巻きつけた粘土をぐるっと観察してみて、気になる所があったら、水を付けた指でなぞって整えます。
つなぎ目のあたりは、水や粘土を水でといて作ったペースト状の粘土を塗ってよーくなじませましょう!

次は、リングを乾燥をさせます。

シルバーリングを作ってみよう!その2へ


スポンサードリンク

Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス