レザークラフト

レザークラフトでのアクセサリー作り

HOME>レザークラフトでのアクセサリー作り

スポンサードリンク


レザークラフトとは?

レザークラフトとは革細工の事で、バッグやウォレット(財布)やキーケース等、
様々な物を作る事ができます。

レザークラフトの作業は、型紙を作ってそれを革に写し、革を裁断します。
そして、それぞれのパーツを縫い合わせていき、バッグやウォレットを作成するんです。
なので、レザークラフトは作業的には裁縫に似ている気がしますね。

レザークラフトでアクセサリーを作る方法とは?

レザークラフトをやるには、シルバーアクセサリー作りのように工具が必要になります。

革を切る道具、貼る道具、測る道具、革の短部に筋をつける道具や革に穴を開ける道具、それを縫う糸や針、仕上げ用の糊(のり)、
そしてみがく道具と、様々な道具が必要になります。

こう並べてみると本当に様々な物が必要で、工具を揃えるのが大変に思えて始めにくいと思いますが、ここでは工具がなくても
手軽に出来るアクセサリ作りを紹介したいと思います。

今回、レザークラフトでのアクセサリー作りと言う事ですが、レザーでのアクセサリーと言うと何を思い浮かべますでしょうか?
レザーリングやレザーブレスレット、レザーウォレットチェーン等が思い浮かぶと思います。
その中でも手軽に着手できる、レザーウォレットチェーン作りにチャレンジしました。

レザーリング、レザーブレスレットは型紙を作って、革を裁断して、と言った作業が必要になる場合がありますが、
レザーウォレットチェーンは革紐を編む、と言シンプルで分かりやすい方法です。

編んでいく方法なので、作業的にはレザークラフトと言うよりはヘンプに近いかも知れません。

レザーはシルバーと相性がいいですし、レザークラフトが出来るようになると自分のイメージ通りのバッグやウォレットが
作れるようになるので、オリジナリティーを追求する僕としては、いずれ本格的にやってみたいと思っています。

自分の使いやすい機能的なウォレットがほしくてたまらないので、作れるようになりたいです。
その一端として、今回はウォレットチェーンを作ってみました。

『レザーウォレットチェーンを作ってみよう!』、にて作成手順を紹介していますので、是非ご覧下さいね。


スポンサードリンク


Copy Right (C) 2005 ctckk.com All Rights Reserved 手作りアクセサリーパラダイス